top of page
検索
  • 執筆者の写真Chikako

クリスマスのトリビア クリスマスイブはクリスマスの前日という意味ではなかった!?

Hello, everyone.

年末は甘いお菓子が手元に多く、ブクブクしてきています…どうも、Chikakoです。



もうそろそろ多くの人が楽しみにしているクリスマスがやってきますね。

街のお店はもうクリスマス気分。サンタ、ツリー、


クリスマスプレゼント、イルミネーションと、考えるだけでわくわくするような日がもう目の前に向かって来ています。


しかし私たち日本人がイメージ


しているクリスマスは、海外とは少し違っていて、祝い方も異なるんです。



今日はお子様につい話したくなるクリスマスの秘密。について少しお話しします。






クリスマスイブはクリスマスの前日という意味ではなかった!?


私たち日本人はクリスマスが12/25、クリスマスイブはその前日の12/24と思っていますよね。多くの日本人がそう認識しているかと思います。


しかし、実を言うとそれは私たちの勘違いなのです!


前日の事をイブと言っている訳ではありません。

イブはイブニング(evening)を指しており、クリスマスの夜を表しているのです。


そして本来のクリスマスとは12/24日没〜12/25の日没、24日に日が沈んでから翌日の日が沈むまでの間の事を意味しています。


私たちにとっては0時を回ると翌日となりますが、大昔は火が沈むと日が変わるという仕組みだった為、24日の日没をクリスマスの夜と言ったのです。

つまり24日のお昼の事は、元々含まれていないのです。




クリスマスはチキンを食べる!?




クリスマスイブは家族で美味しい夕食を囲んだり、ケーキを食べたり、いつもよりちょっと贅沢を味わえる日ではないでしょうか。



あと、定番といえば、フライドチキンですね!!!







…フライドチキン?




皆さん!!!!


実はそのフライドチキン、日本だけなんです!!!!


実は、海外アメリカのチキンはフライドチキン…ではなく七面鳥ターキーが主流です。

元々はクリスマスに食べるために出来たものではありません。



17世期、ヨーロッパの方から移民としてやってきた人々は、極寒の冬で充分な食料を作る事ができず、やってきた半数が餓死してしまったのです。その困っている様子を知ったネイティブアメリカンが、彼らの為に衣類・食料などをプレゼント。その際に含まれていたこが七面鳥。移民たちはそれらを貰ったことにより餓死を防げたとの事。

それから翌年、お礼として七面鳥をプレゼントした事により、それから七面鳥は感謝を表す食べ物として結婚式や、感謝祭などのお祝いの席で食べられる物として知れ渡ったとれ言われています。


しかし、日本では七面鳥を手に入れて料理するのが困難です。七面鳥を焼くためのオーブンなども一般家庭には少ないかと思います。それと比べお手軽でお手頃に手に入るフライドチキン。また、クリスマスの時期はテレビのCMでよくケンタッキーのCMが流れているせいでしょうか。今でも多く人がクリスマスと言えばフライドチキンを想像しますよね。


でもなんと言ってもおいしい…大好きな人たちと美味しい料理を囲んで食べる。それだけでとても幸せです♡




枕元のクリスマスプレゼント



いよいよクリスマスのメインイベント。


子ども達はサンタに手紙を書いてプレゼントのお願いをしたり、サンタの為にクッキーを用意したり、クリスマスイブは明日の朝本当にプレゼントが届いているのか気が気でなく、いつもより寝るのが遅くなってしまったり…きっと多くのお子様が特別な感情でその日を待っているかと思います。



でも私、実は凄く不思議に思っていたんです。


海外のクリスマス映画って朝子どもたちは自分の部屋から飛び起きて、ツリーの下のプレゼントに走っていくシーン。

とても素敵で羨ましいのですが、日本では、枕元にクリスマスプレゼントが置いてある事が多いのでは無いのでしょうか。何が違うのでしょうか。



まず、アメリカではクリスマスはサンタからのプレゼントのみではありません。ツリーの下のプレゼントは家族や親戚などクリスマス前に来客した人達から頂いた物を飾るのです。



しかし日本では、枕元。


日本の経済にも関係しているのでは?と言われています。

日本では一般的にクリスマス文化が定着したのは20世期に入った頃。少しずつではありますが、サンタクロース、クリスマスプレゼントと、クリスマスケーキを子どものためのイベントとして認識されていました。戦後一時期クリスマスを祝う事はなくなったもの、そこからまた徐々にクリスマスを祝う習慣が戻ってきました。


しかし、その頃日本で裕福な家庭だけでなく、貧しい家庭も多くあり、クリスマスツリーを買う余裕のない家庭がほとんど。そんな時、子どもたちのことを大事に考えるあまり、起きたときにすぐプレゼントに触れる事が出来る枕元に置くことにしたのです。


親の子への愛はいつの時代もどこにいても溢れていますね。




日本のクリスマスは日本独特であり、海外とは異なります。イブは恋人とすごすイメージも若い人達は持っていますが、アメリカでは家族や親戚でお祝いする日と考えられています。



どんな祝い方にせよ、多くの人が夢や希望を持ってそれぞれの形で幸せを感じられる日になるといいと思います。サンタはみんなの心の中に!

素敵なクリスマスを!Merry Christmas!




閲覧数:92回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page